Premiere Proでトランジションのコピー

ショートカットつながりでもう一つ。
カット間にトランジションを適用した後、ほかの編集ポイントにも同じトランジションを適用したい場合がよくあります。エフェクトはカスタマイズしたものをプリセットとして保存できるのに、トランジションはそれができないので、長さやパラメーターを調整していると繰り返し同じトランジションを使いたい時などに面倒なことになります。

Premiere Proは右クリックからの操作が多くの場面でできるのに、なぜかトランジションは右クリックしても「消去」しか出てきません。
実はトランジションは選択した後、コピーすることができます。

トランジションの複製方法

トランジションの複製方法

このようにタイムライン上で元となるトランジションを選択してコピー、適用したい場所に再生ヘッドを持ってきて(上のように厳密に編集ポイントでなくてもOK)、そこでペーストすれば尺もパラメーターもすべて同じ状態で複製することができます。このときタイムライン左端で選択されているトラックに適用されるので、他のトラックの編集ポイントが近くにあった場合はそこにも複製されてしまうので注意が必要です。

このことはマニュアルにはメニューバーの「編集」から「コピー」「ペースト」ができるとだけ記述されています。

エフェクトウインドウで適用されているひとつのエフェクトを選択して右クリックするとそこにはプリセット保存のほか、コピーの選択肢も出てきますが。トランジションを選択してエフェクトウインドウで見ても、そこでは右クリックはできません。トランジションをプリセットとして保存することやコピーを右クリックメニューに入れることは、柔軟な操作ができるようになるのでぜひ検討してもらいたいですね。

カテゴリー: Premiere Pro, ソフトウェア, 映像編集 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です