Premiere Pro CS6でPSDファイルを扱えない

CS6試用中ですが、現在いちばんの問題点はPremiere ProでPSDファイルを扱えない場合があること。これがいちばん困ってる。まとめるとこんな感じ。

  • ふつうにPremiere Proを起動した場合、PSDファイルをプロジェクトに読み込むことができない。エラーメッセージ「インポーターから一般的なエラーが報告されました。」が表示される。既存プロジェクト上のPSDファイルは「メディアオフライン」表示。
  • 管理者モードでPremiere Proを起動した場合、PSDファイルを読み込み使用することができる。ただし既存プロジェクト上のPSDファイルは「メディアオフライン」表示で、「フッテージの置き換え」や「メディアのリンク」で再読み込みしようとしても上の場合と同じエラーメッセージ。新たに読み込んで手動で置き換えは可能。

    PSD読み込み時のエラーメッセージ

    PSD読み込み時のエラーメッセージ

原因はおそらくユーザーフォルダがDドライブにあることなんだろうけど、Premiere Proが管理者モードになっていてもPSDファイルを扱うためのプロセスが管理者モードになっていないからなのではないか。

本家Adobe Forumでも同じ報告を発見。Encoreがいきなりクラッシュしたというのも同じ現象だ。

Windowsの環境変数TEMPおよびTMPが”%USERPROFILE%\AppData\Local\Temp”になっていないと発生する現象のようだが、これはそうなっているんだけどな。実際は”D:\AppData\Local\Temp”になるわけで、ここが実はCS6側で”C:\AppData\Local\Temp”に決め打ちされているような気がする。

システムドライブc:\をSSDにしているため、いろいろなデータがたまっていく(とくにCSはメディア読み込みで大量の最適化ファイルが作成されるからね!)ユーザーフォルダはHDDのD:\に変更しているのだけど、これはCS5.5まではなかった現象です。

カテゴリー: PC, Premiere Pro, ソフトウェア, 映像編集 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です