Z77/H77/B75シリーズマザーボード発売

Sandy Brigde後継となるIvy Bridge CPUに対応した新チップセットを搭載したマザーボードがCPUに先行して先週末から店頭に並んだようです。

我が編集用PCも1年が経ち、より高性能、省電力を目指してCPUとマザーボードの交換を考えています。CPU内蔵GPUと外部GPUの融合を図り、グラフィック性能をパワーアップするという「Lucid Virtu MVP」もどんなものか興味があります。

Intel製のマザーボードにこだわると、手頃なのはゲーマー向けExtremeシリーズのDZ77BH-55K(19,780円~)、MediaシリーズのDH77KC(これは発売未確認)、DH77EB(10,980円~)あたりになります。このうち、DH77EBがMicroATXで、現在使用しているDH67GDの後継にあたるボードということになります。

DH77EB

DH77EB

MicroATXを選択する理由は、拡張性がそれほど必要ない(HDDは多くつなげるのでSATAはたくさんあったほうがいいが)こと、そして旧システムをサブPCに流用したいことがあります。

サブPC

サブPC Antec NSK2400というケースを使用

サブPCは現在古いAMDシステムで、OSもかったるいVistaなので、現在のSandy Bridgeシステムをそのまま持って行って更新しようと考えています。すでに交換用のBDドライブも購入、RATOCのリムーバブルHDDケースも予備機のDELLから移設してあります。

CPUが5月の発売なので、しばらくマザー選びに悩んでいられる時間がありますね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です