サーパーCPU暴走

仕事部屋にはCent OSのファイルサーバーがあるのだが、今朝部屋に入ったらむわっと熱気がこもっている。ブワーッと排気音が聞こえる。机の下の奥にあるファイルサーバーのファンが全開運転中なのだ。

GB単位のファイルを連続して移動したりするとファンの風量が増すけど、家の中、外ともアクセスはなし。やばい壊れたか? こいつはプレビューやできあがったファイルをアップして、いろんな人がアクセスするサーバー。逝ってしまわれると困る。

気を取り直して傍らのSqueezebox(←地域設定米国にしないと見られないかも)を見ると時計表示が出ている。Squeezeboxはこのサーバーにアクセスして音楽を再生するのだが、電源OFF時の時計表示もサーバーがダウンしていると消灯するのだ。

サーバーにはモニターもキーボードもマウスもつながっていないので、操作は他のPCからリモートで行う。ログインしてデスクトップを見ると「ログアウトしますか?」という表示。これが何度キャンセルを押してもゾンビのように出現し、消えてくれないので再起動もできない。

仕方なく電源抜いて自動再起動。それで何もなかったように通常動作に戻った。各種動作状況をモニターしているソフトのログを見るとCPU負荷が100%近くが続いてCPU温度が上昇したままだった模様。2008年春から使用していてはじめての現象。

CPU使用率

CPU使用率

CPU温度

CPU温度

参考までにCPU温度の年間推移も貼っておく。

CPU温度(年間)

CPU温度(年間)

カテゴリー: CPU, PC, PCパーツ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です