Canon XA10

最近、小型の業務用AVCHDカメラCanon XA10という機種をときどき使っています。民生用のiVIS HF G10なる機種の業務用バージョンで、現在もっとも安く手に入るディレクター向けカメラと言ってもいいと思います。

その手の機種はHDVのロングセラー機SONY HVR-A1Jを所有していて、今でも使用していますが、後継にちょうどいい感じです。何度か使って気づいたことを書いてみます。

Canon XA10

Canon XA10

  • XA10のよい点
    ・発色、解像感が価格の割にすばらしい
    ・かなり引けるレンズ
    ・手ブレ補正が強力
    ・SDカードのダブルスロットで同時記録も可能
    ・取り外し可能なハンドルでローアングル撮影が楽
    ・A1J同様XLRユニットが外せるので家庭用にも使える
  • XA10のよくない点
    ・オートフォーカスが合焦しにくくなることが多い
    ・タイムコードを任意に設定できない
    ・XLR音声使用時、レベル調整を完全マニュアルにできない
    ・マニュアル露出がやりづらい
    ・タッチパネルのメニューが操作しづらい

A1Jもカセットコンパートメントが怪しい感じで、何度かエラーを出すようになったので後継機として最有力候補ですが、任意のタイムコードを記録できない点が大きくマイナス。撮影したファイルにはカットごとに必ず00:00:00:00から始まるTCが記録されています。仕事ではリアルタイムを記録して使用することが多いので、これが非常にストレスとなります。AVCHDフォーマットの管理のしにくさも困ったもの。

そんなことを考えながらXA10とZ5JとPMW-350で撮ったロケの編集を進めています。

カテゴリー: ビデオカメラ, 映像機器 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です