必要最低限でプリンターをインストール

 新しいPCにはプリンターのドライバーを入れていませんでした。映像編集に特化するため、余計なものは入れないコンセプトで使用しているのですが、時として必要になることもあります。

 ここではBrotherのモノクロレーザープリンターとインクジェット複合機をいずれもLAN接続でどのPCからもつながるようにしています。Sandy Bridgeマシンは映像や画像の編集をするので、複合機のスキャナー機能だけは欲しくなります。ところがBrotherのネットワーク接続用ドライバーはステータスモニタやFAXソフトなど、このマシンに必要ないものも全部入れてしまうので困ったものです。

 そこでUSB接続用のドライバーでスキャナーとプリンターだけを使用可能にし、接続はネットワーク経由で行う。そんな裏技を使います。

 手順としては以下のとおり。

  1. 通常使用していない、複合機のUSB端子をPCに接続する。
  2. プラグアンドプレイで最新のメーカー純正ドライバーがインストールされる。
  3. USBを抜く。
  4. コントロールパネル「デバイスとプリンター」でプリンターがインストールされているがオフライン(薄いアイコン)であることを確認する。

    オフライン状態

    オフライン状態

  5. アイコンを右クリックして「プリンターのプロパティ」を開く。
  6. 「ポート」タブにて「ポートの追加…」「Standard TCP/IP Port」を選び、ポートを追加する。
    印刷ポートの追加

    印刷ポートの追加

    なお、この部分は他のPCの「ポート」タブで該当ポートを選び、「ポートの構成」で設定内容を確認してそれと同じにする。

  7. これでネットワーク経由で使えるようになるはず。

 なるなず、なのがオフラインのままで使えませんでした。ただ、通信は確立しているようで、プリンターの状態は正しく表示されています。オンラインにするにはどうすればよいのか…

 答えは印刷ジョブウインドウにありました。オフラインになっているプリンターのアイコンを右クリックし、「印刷ジョブの表示」をクリックします。

オフラインの切り替えはここにある

オフラインの切り替えはここにある

なぜかここにチェックが入っていました。おそらくはUSBでインストールしたあとケーブルを抜いたので、そこでオフラインとなった状態が継続していたのでしょう。

オンライン状態

オンライン状態

 無事オンラインになり、プリンターとしてはもちろん、スキャナーもPhotoshopの「ファイル」→「読み込み」→「WIAサポート」で… あれ、だめだ入っていない。

 うーん、今日のところは時間切れです。デバイスマネージャーのイメージングデバイスにこのプリンター名が入っていないとスキャナーとしては使えません。この話題はまたいつか。

カテゴリー: PC, Windows, Windows使いこなし タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です