ネットワークドライブの悩み

 以前のDELLマシンと同じように、このSandy Bridgeマシンもネットワークドライブを設定しました。ところがちょっと困ったことが起きています。

 ネットワークドライブとは、LANで接続された別のPCにある共有フォルダを、あたかも自PCのドライブとして扱える機能です。ドライブレターが割り振られるので、アプリケーションソフトからファイルの保存を選んだ時など、簡単に別PCの共有フォルダに保存することができたりするようになります。

 これを接続のたびに設定するのではなく、起動時に必ず割り振られるように設定したのですが、起動直後に「ネットワークドライブに再接続できませんでした」というメッセージが出て必ず失敗するのです。

ネットワークドライブのエラーメッセージ

ネットワークドライブのエラーメッセージ

 このメッセージ、いままでのDELLマシンでも時々発生していたのですが、新しいマシンでは100%発生します。こちらでは個々のPCのフォルダ共有は無効にしてあり、常時起動しているLinuxのサーバーマシンにだけ共有フォルダを設定しています。ユーザー名とパスワードも同じなので、エラーメッセージをクリックするとエクスプローラーが開き、×になっているネットワークドライブを一度クリックするだけで接続は復元されるのであまり問題はないのですが、起動のたびに儀式のようにそれをやるのもいい加減疲れました。

ネットワークドライブへの接続に失敗している

ネットワークドライブへの接続に失敗している

 この画面からわかるように、CAPRICORNという名前のサーバーにある3つのフォルダをそれぞれネットワークドライブとして扱っています。mediaboxは写真とリップしたCDのフォルダで、Mドライブとしています。Sドライブは各PCのデータバックアップ、Tドライブは一時ファイル置き場で、他のPCとのファイルのやりとりはいったんここを経由するようにしています。使用容量・残容量のグラフが同じなのは、サーバー側ではどのフォルダも同じドライブにあるからです。

 ではちょっとここでネットワークドライブの設定方法について。簡単に設定できるのでやってみましょう。

 さて、本題に戻り、起動のたびに上のエラーが出るのはなぜでしょう? おそらくはシステムドライブにSSDを採用したことで起動時間が速いため、ネットワークを認識する前に接続しようと試み、失敗しているのではないでしょうか。以前のDELLマシンもやはりSSDでしたが、起動はここまで速くなかったので、エラーが出る時と出ない時があったのでしょう。ようこそ画面でログイン選択画面を出さないように設定しているのですが、試しにこれを出すようにするとパスワードを入力したりするので、その間にネットワークも認識してエラーは出ないので間違いありません。

 ネットワークを認識してからネットワークドライブを接続するとか、そこに待ち時間を設定するとかがWindowsのどこかの設定にあればいいのですが、見つかりません。しかし調べてみると回避策として有望な情報がありました。次回はその方法を書きます。

カテゴリー: PC, Windows, Windows使いこなし, Windows起動高速化 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です