新PC組み立て(4) 電源の取り付け

 次は電源ユニットを取り付けます。ケースのリアにポッカリと穴があいていますが、そこに電源ユニットの排気が出るようになります。4つのビス穴に合うように電源ユニットを置き、電源ユニット付属のビスで取り付けます。ビスの先端が内部の部品に当たらないような長さになっているので、必ず付属のものを使用します。重量があるのでしっかり締めます。

電源ユニット取り付け

電源ユニットの取り付け

 電源からはいくつもの系統のケーブルが出ていますが、このうちマザーボードにつながるのはいちばん太いケーブルに大きなコネクタが付いた主電源コネクタと、田型4ピンの「ATX12V」と呼ばれているCPU用のものです。今回選んだ電源ユニットではATX12Vが8ピンのEPS電源コネクタと共用になっていて、最初8ピンじゃささらないじゃないかと思いましたが、このコネクタをよく見ると4+4に分割できるような構造になっていて、スライドしたら4ピン仕様に早変わりしました。下の写真の1が主電源コネクタ、2がATX12Vです。

電源のマザーへの接続

1:主電源 2:ATX12V 3:リアケースファン

 2のATX12Vコネクタは使用しない4ピン側が浮いているのが写っています。また、ケーブルの長さが足りずに空中配線になってしまっています。これはおそらく最近の流行である下置き電源のこのケースに対し、電源ユニットは標準的な上置きを想定した長さで設計されているからでしょう。このケース、ケーブルが目立たないように配線スペースが確保されているので、後日ATX12V用の延長ケーブルを追加購入してそこに収納するようにします。

 あと上記写真の3はケース付属のリア12cmファンの電源です。これもマザーボードの専用端子から配線することにより、回転数のモニターや制御が可能になります。

カテゴリー: PC, PCパーツ, PC自作, 電源 タグ: , , パーマリンク

新PC組み立て(4) 電源の取り付け への3件のフィードバック

  1. まさパパ のコメント:

    初めまして、五年ぶりの自作組み付けをやっていて
    大変参考になっています
    昔し組んだ頃にくらべて若干違うところがあるような気がして
    戸惑っています

    質問があるのですが、主電源をマザーに挿そうと思ったら
    大きいサイズのものと小さいサイズの差込み口が二つあるのですが
    これって二つまとめて挿せばいいんですか?
    二つまとめたら、マザーの差込口にすっぽり入りましたが、、、、、、
    あと補助電源? も二つあるのですが、これってどっちを挿してもokですか?
    もしよければ教えてください、よろしくお願いします

    • maktak のコメント:

      ご覧いただきありがとうございます。
      5年ぶりの組み立てとなると、ちょっと変わっているところもあるかもしれませんね。

      電源からマザーに行くメインのコネクタは20ピン+4ピンではないかと思いますが、この場合二つまとめてでOKです。
      ピン数が少なかった古いマザーにも電源が対応できるようにそうなっている場合があるようです。

      補助電源は従来からのATX12Vは4ピンでしたが、新しくEPS12Vという規格ができたそうで、それが8ピンになっています。
      これも従来タイプの4ピンしか使用しないマザーに対応できるように電源からは4+4で出ています。
      私の場合はまさパパさんとは逆に8ピン状態で電源から来ていて、マザーは4ピンなので変換必要?と焦りましたが、よく見たら4ピンずつに分割できるようになっていました。
      たぶん2本はキーの形状が異なるので、どちらかしかさせません。残りの1本はささなくてOKです。

      すてきなPCが組み上がるといいですね。

  2. まさパパ のコメント:

    返信ありがとうございます
    これで安心しました !  マザーとケースの説明書も
    簡単にしか書いてなくて、どうしていいかわからなくて
    ドキドキでした

    mini-itxのマザーで小型PCを作っています
    でもゲームも遊ぶので、しっかりと大型グラボが乗せられる
    ケースにしました !

    これで今日は、安心して会社にいけそうです
    いろいろとありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です