新PC組み立て(2) CPUの取り付け

 マザーボードやほかのパーツの配置を確認したところで、CPUをマザーボードに取り付けます。これはマザーボードをケースに固定してからやってもいいのですが、そうするとフレームや5インチベイなどに囲まれて作業しづらいので、CPUをあらかじめ取り付けたマザーボードをケースに固定したほうが楽です。

箱から取り出した状態のマザーボード

箱から取り出した状態のマザーボード

 ただし、基板の裏は平らではないので取り扱いには十分注意します。CPU付属のインテル謹製「自作のしおり」冊子にはマザーボードをケースに固定してからCPU取り付けの手順で説明されていました。購入した店(DOS/Vパラダイス)が封入してくれたオリジナルの「自作のしおり」には私が今から行う方法で書かれていました。

ドスパラ謹製 自作のしおり

ドスパラ謹製 自作のしおり

 まず、マザーボード安全で平らな場所に起きます。CPUソケットの金属製留め具を外し、プレートを開きます。ピン部分にはプラ製保護カバーが乗っかっていますので、それを外します。

CPUソケット

CPUソケットのプレートを開いたところ

 ひと昔前のCPUはCPU側にピンが生えていてソケット側はそれが入る穴があいていましたが、最近は逆で、CPU側にはフラットな接点があり、ソケット側はそこに接触するピンが生えています。ここにCPUをそっと乗せてあげます。このとき、2つの切り欠きの向きが合うようにします。

CPUをソケットに乗せる

CPUをソケットに乗せる

 プレートを閉じてレバーで固定します。

CPUを固定する

CPUを固定する

  次にCPUクーラーを取り付けます。今回はCPU付属のものを使用しますが、効率や静音性を追求したすごいのがいっぱい店に並んでいるので、あとから交換するのもいいでしょう。Core i7 2600K付属のクーラーは中心部が熱伝導率のいい銅、放熱フィンが放射円状のアルミでできていて、日本の大手ファンメーカーNidec製のファンが載っています。CPUとの接触部はクーラーとの密着を助けるシリコン(の代わりの物質?)が塗られています。

CPUクーラー(裏側)

CPUクーラー(裏側)

4本のピンをマザーボードの穴の位置に合わせてCPUの上に乗せ、それぞれのピンをカチッと音がするまで押し込みます。

CPUクーラー装着完了

CPUクーラー装着完了

正しく押し込まれるとマザーボードの裏側に噛み合ったピンが出ているのが見えます。

CPUクーラーのピン

マザー裏側にCPUクーラーのピンが出た

 なお、上の写真はマザーボードをケースに取り付けたあとで撮影したものです。このケースの場合、右サイドパネルを外すとこのようにマザーボードのCPU部分の裏側が見えるようになっています。

 クーラーのファンから出ているケーブルはマザーボードのCPUファン用端子に接続します。線が4本あるのは電源の+と-、回転数検知、そして温度によって回転数をマザー側から制御するためのPWM(Pulse Width Modulation)端子があるからです。この4本をすべて接続することによって、負荷がかかってCPU温度が上がればPWMで回転数を上げ、またセンサーからの情報でマザー側は実際の回転数を把握する、という構造になっています。

CPUファンのケーブルを接続

CPUファンのケーブルを接続

 ついでにマザーボード上に取り付ける第2の大物、メモリもこのタイミングで取り付けてしまいます。このマザーボードではメモリのソケットは4本あり、DDR3-1333というタイプが適合します。今回は用意した4GBを2枚取り付けますが、2本1組でデュアルチャンネル動作という効率のいい動作を実現してくれるので、正しい位置に取り付けないといけません。取説(製造元IntelがPDFで配布)を見ると、2本の時はブルーのソケットを使用せよとあるので、そこに垂直に深くグッと、サイドの白い留め具がメモリに切り欠きにパチッとはまるまで押し込みます。

メモリ装着完了

メモリ装着完了

 これでCPUとメモリという、最重要部品がマザーに取り付きました。次はケースに組み込みます。

カテゴリー: CPU, PC, PCパーツ, PC自作 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です