Premiere Proで映像編集

以前はSandy BridgeのCore i7自作PC製作からそれを使用したPremiere Pro CS5による映像編集のあれこれ。いまはHaswellのXeon E3マシンで使用中のPremiere Pro CC忘備録Tipsをたまーに更新中。

カテゴリー: サマリー | タグ: | コメントする

Premiere Pro CC2014を英語版で起動

たまに英語版のAfter Effectsで作成したプロジェクトファイルを使用することがあり、それを開くとエクスプレッションの記述が日本語版と合わずにエラー表示が出ることがあります。AfterEffectsのエラー表示このようなときに有効なのが、通常日本語版として使っているAfter Effectsを英語版として起動して使う方法です。
知られているのは「ae_force_english.txt」という名前のテキストファイルを作り(中身は空で可)、それをPC既定のドキュメントフォルダ(Macの場合は書類フォルダ)に入れるだけです。この状態で起動するとAfter Effectsは英語のインターフェースで起動し、上のエラーも解消されます。

ところで、Premiere Proのプロジェクトではこのような場合どうなるのでしょう?
多くは試していませんが、Aeと違ってスクリプトがないためか、これまでのところ問題はありません。問題はないけど、ものは試しにとAeの場合と同様に「pr_force_english.txt」というファイルを置いてみたけど…

ドキュメントフォルダにそれらしきファイルを追加

ドキュメントフォルダにそれらしきファイルを追加

結果としては日本語インターフェースで起動してしまったので、これは無効でした。

ほかに方法はないものかとCCのインストールディレクトリを調べていくと、Program Files\Adobe\Adobe Premiere Pro CC 2014\Support Filesの中に、とても怪しいAMTLanguagesというフォルダを発見。中にはja_JP.txtというファイルがひとつ。

それらしきファイル発見

これ?

じゃあこのファイルをデスクトップに移動し、AMTLanguagesフォルダ内を空にしてPremiere Proを起動してみると…これも変わらず日本語で立ち上がりました。

ここでこの編集用PCに残してあるPremiere Pro CS6の同じフォルダを見てみると…

CS6のAMTLanguagesフォルダ

CS6のAMTLanguagesフォルダ

こんなにたくさん入っていました。ja_JPだけは中にja_JPと書いてある(これはCC2014も同じ)けど、それ以外の中身は空。きっとこれに違いない!と、とりあえず中身は空のままen_US.txtをコピーしてCC2014のAMTLanguagesフォルダにペーストしてみました。

en_USファイルをCC2014に

en_USファイルをCC2014に

このファイルが入った状態で起動すると…

スプラッシュスクリーン

スプラッシュスクリーンで結果がわかった

日本語版では「2014リリース」となるところが「2014 Release」になっています。もちろん中身もご覧のとおり。英語版の画面

大成功でした。日本語環境で作成した既存のプロジェクトを読み込んでも問題なく、シーケンス上でも「クロスディゾルブ」→「Cross Dissolve」などと、エフェクト名も英語に変わって表示されていました。試しにen_US.txtをde_DE.txtに置き換えると予想通りドイツ語版で立ち上がりました。

After Effectsと違ってあまり意味はありませんが、何かのときに役立つかもしれません。

【まとめ】

Premiere Pro CC2014では、インストールディレクトリのSupport Files\AMTLanguagesフォルダにあるファイルの名前で各国語版に変化する。

カテゴリー: Premiere Pro, ソフトウェア, 映像編集 | タグ: , , , , | コメントする

青いPremiere

CC2014のPremiere Proにアップデートが来ていたのでやってみたらいろいろと青くなってびっくり。

Premiere Pro CC2014新バージョン

Premiere Pro CC2014新バージョン

開くときの進行状況のバーやら、アクティブウインドウの縁取りとか、今までオレンジ色だった部分が全て青。若干機能も増えているようなので、これがIBC 2014で発表した新バージョンということか。

プロジェクトファイルの仕様も変わったようで、今までのCC2014で作成したファイルも別名保存を求めてくるメジャーバージョンアップ扱い。アプリの名前としてはどっちもCC2014なのに、これちょっと困る。

AeとAuも同じようになっています。

カテゴリー: PC, Premiere Pro, ソフトウェア, 映像編集 | タグ: , , , , , | コメントする

XDCAMの4ch音声をステレオ扱いにする

XDCAMをはじめとする音声が4ch以上あるカメラのファイル。これをそのままPremirer Proで読み込んでタイムラインに持って行くとモノラルの4トラック扱いとなってしまいます。

XDCAM EX PVW-350のクリップをそのまま乗せた例

XDCAM EX PMW-350のクリップをそのまま乗せた例

CH-1=インタビューマイク、CH-2=ガンマイクなどのモノラル収録の場合はステレオトラックよりかえって扱いやすくいいのですが、ステレオマイク収録の場合は面倒なことになります。通常CH-1=L、CH-2=Rとして使うので、3,4は切り捨ててオーディオトラックミキサーでAudio 1をLに、Audio 2をRにパンして処理しますが、困るのがキーフレームで音量調整をする場合やAVCHDなどステレオオーディオで1トラックとなる音声とのクロスフェードなどです。キーフレームをコピーしたり、手作業でクロスフェードさせたりしなければなりません。

モノラルx2クリップとステレオクリップのクロスフェード

モノラルx2クリップとステレオクリップのクロスフェード

こういうとき、モノラルではなくステレオで扱えれば便利です。そこで登場するのがクリップのオーディオチャンネル変更機能。プロジェクトウィンドウで該当するクリップを選択して右クリック、「変更」→「オーディオチャンネル…」とするとこのようなウインドウが出てきます。

XDCAMクリップの初期状態

XDCAMクリップの初期状態

プリセットの「ファイルを使用」を「ステレオ」に変更すると、クリップのCH-1/2とCH-3/4でそれぞれステレオのペアとなります。 逆にAVCHDやHDVなどのステレオクリップだけどL=インタビューマイク、R=ガンマイクなのでモノラルで扱いたいというときはここを「モノラル」にすればOKです。どちらかのチャンネルしか使わないのであればオーディオエフェクトの「左チャンネルに振る」「右チャンネルに振る」のほうがお手軽です。

ステレオ扱いに変更

CH-1/2とCH-3/4のステレオx2に変更

こうしてからタイムラインに乗せると…

ステレオオーディオのクリップとして扱えるように

ステレオオーディオのクリップとして扱えるように

ステレオクリップとして1本のトラックに収まってくれました(上記例ではCH-1/2のオーディオ1のみ使用)。この画面はCC2014ですが、CS6で(それ以前は忘れました)すでに装備されていた機能です。 なお、この変更はこれからタイムラインに乗せるという場合に有効で、それまでに乗せてきた部分には反映されません。プロジェクトウィンドウに入れた時点で変更しておきます。

最初から全部このように処理したい場合はあらかじめ環境設定で設定変更しておきます。Premiere Proの環境設定の中のオーディオを開くと「デフォルトのオーディオトラック」という項目があるので、そのうち「マルチチャンネルモノラルメディア」を「ステレオ」に変更しておけば、XDCAMの4ch音声トラックは最初からCH-1/2とCH-3/4の2本のステレオトラックとして読み込まれます。

環境設定のオーディオ

環境設定のオーディオ

同じように、AVCHDやHDVのステレオ音声トラックをモノラルとして扱いたい場合は、上記の「ステレオメディア」を「モノラル」に設定しておけば最初からその状態で読み込まれるので、終始モノラル収録だった場合はこうしておいたほうが便利です。

カテゴリー: 映像編集 | タグ: , | コメントする